カテゴリ:病院&病気&体のこと( 44 )

犬 イボ 縛る





今回は、鈴ちゃんの頭の辺にできたイボのはなし。

以前、いくつかできたイボを動物病院でしばって取ってもらいました。→ イボポロリ

また新しくイボができてるぅ!





b0185323_18102954.jpg



9月のことです。

今の鈴ちゃんは寝たきりだし、抱っことかの姿勢って苦しそうであまり連れ歩きたくないんです。

9月といえどもまだ暑い時期。

外に出すのはちょっと・・・

獣医さんが縛ってくれたのを一度見ているので、自分でやっちゃうことにしました。

とはいえ、多少の不安もあるので、ネットなどで調べてみるも、あまり詳しくはでてこないんですよね・・・

結果はうまくいったので、やってみようと思っている方の参考になればと思い、載せようと思います。






















ここからはイボの写真が続きますよ~




















閲覧注意です






















苦手な方はここでやめてくださいね~
















以前病院で縛ってもらったイボと同じ形状だったのでやってみました。

イボといっても色々あると思うので、ご自分でやる場合はその辺を獣医さんに相談したりして、

ご自分の責任でやってくださいね。

あくまでも鈴ちゃんの場合です。




























閲覧注意ですよ~









































b0185323_18103556.jpg

こんな、カリフラワーみたいなイボです。

9月22日。

さぁ、縛ります。

普通の木綿糸です。








b0185323_18104051.jpg
ギュッ。

縛った瞬間に色が変わりました。

あまりきつく縛り過ぎないようにしました。






b0185323_18104538.jpg
少し時間が経ったところ。

うっ、どす黒い・・・

血が通わなくなってるんでしょうね。








b0185323_18105288.jpg
9月23日。

このアングルだと場所がわかりやすいですね。







b0185323_18110641.jpg
同じく9月23日。












b0185323_18111147.jpg
9月24日。









b0185323_18111786.jpg
9月25日。







b0185323_18112373.jpg
9月26日。

表面が割れて?きたような・・・











b0185323_18112927.jpg
9月29日。

あまり変化は見られないようですが、なんか小さくなってきたような気が。

少し引っ張ってみたら、ポロッと取れましたよ。






b0185323_18113406.jpg
ほら!








b0185323_18114098.jpg
9月29日なので、縛ってから6日目。

わぁい!

スッキリしたー。




では、取れたブツです。

グロいですよ。

注意!














b0185323_18114406.jpg
表から見たとこ。










b0185323_18114993.jpg
裏側。



ひとつ失敗したなーと思うのは、白い糸で縛ったこと。

血が染まってきてちょっと痛々しい。

黒色にすればよかったです。

6日の間に、不安だったので一回縛り直しました。









b0185323_18115447.jpg

10月1日。

かさぶたっぽく。











b0185323_18115849.jpg
10月5日。

かさぶたも取れて、キレイになりました。

あーよかったー。







鈴ちゃん、どうでしょ?


b0185323_18120404.jpg











縛ったときも、縛ってるあいだも、引っ張って取ったときも、鈴ちゃんはなんの反応もせず。

特に何も感じてなかったみたいです。

あーんしん






b0185323_18120928.jpg





このタイトルで、検索にひっかかるといいなぁ・・・

あくまでも参考までに。
































にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
[PR]
by rinwashi8 | 2016-11-14 18:58 | 病院&病気&体のこと

イボ ポロリ


年を越して、鈴ちゃん元気です。

寝たきりは変わりありませんが、変わりないのがシニアには上出来。

無事に年越しができたなぁ・・・ってのが本音です。




さて、昨年11月下旬のこと。

病院に行きました。


b0185323_17562278.jpg

こんな体だから、あまり病院にも行かないんですけど。

年をとってくると、体のあちこちにイボのようなものが。

だんだん大きくなってきて、じゅくじゅくしたりして気になっていました。

先生にみせたら、「こういうのは糸でしばって取れちゃうよ」って言って

ホントに糸でしばるし!(当たり前だけど)



b0185323_17562954.jpg
耳のところ。

拡大すると


b0185323_17565971.jpg
キモいかな。

しばるとだんだんどす黒くなるので、ゴカンベンを・・・




もう一か所。

b0185323_17570468.jpg
これは首の辺り。


それが今では

b0185323_17571241.jpg

耳のとこ。


b0185323_17571697.jpg
首のとこ。


キレイになりました。

耳のとこは2~3日でポロリ。

首のとこは1週間くらいかな、ポロリと。

はぁ、スッキリです。





そして病院から帰って午後は、


b0185323_17572622.jpg
雪に備えてタイヤ交換です。


でも今シーズンは、まとまった雪が降りません。

助かるぅ。




今年もよろしくお願いします。












にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
[PR]
by rinwashi8 | 2016-01-16 18:14 | 病院&病気&体のこと

介護状態です



またまたご無沙汰になっちゃいました。

前回から4か月も経っている・・・

この4か月のあいだに、鈴ちゃんは完全に寝たきりになってしまいました。


b0185323_18001947.jpg

もう完全に後ろ足がきかなくなりました。

床ずれを防ぐために、床ずれ防止マットやらサポーターやらクッションやらを使ってます。

夜中も数時間おきに姿勢を変える。

お水も飲みに行かれないので、水入れまで連れていき、支えて飲ませる。
(シリンジで飲ませるのはまだしたくないので)

オシッコ・ウンチは、補助ベルトを使って操り人形のようにして(笑)させる。

完全に介護状態です。

でも、鈴ちゃんは元気ですよ!

元気モリモリ、ゴハンもモリモリです!



b0185323_18002677.jpg
寝たきりなので、こんな寝ている写真ばかりです。








b0185323_18003167.jpg
ほとんど出かけることもないですが、たまーにカートでおでかけしたりすることも。

薄ら寒いくらいが、キャバにはちょうどいいですからね~。







b0185323_18004123.jpg
毎日、車に乗って、私たちとご出勤。










b0185323_18004530.jpg
休みの日は、ひなたぼっこもさせてあげます。






b0185323_18004968.jpg
オシリの消毒になるかな~。






もうこうなったからには、できるだけのことはしてあげたい。

こんな寝たきり鈴ちゃんも、パピーみたいでなんだかかわいいんです。

この状態でいつまで元気でいられるか分からないけれど、家族みんなで一緒にいられるだけでも

シアワセなことだと実感しています。

明るい介護を心がけて楽しく、そして鈴ちゃんが穏やかに過ごせたら~

なんて思っています。







b0185323_18005234.jpg
いつまでも一緒にね・・・






写真はインスタにupすることが多いです。
https://instagram.com/rinwashi/












にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
[PR]
by rinwashi8 | 2015-11-07 18:22 | 病院&病気&体のこと

今度は膀胱炎


先日、オシッコのキレが悪く、ポタポタ垂らす・・・
と、記事にしましたが、どうやら膀胱炎だったようです。 コチラ


先週の木曜日、トイレシーツの上にしたオシッコに血が混じっていました。

2日ほど様子をみましたが、治らないので病院へ行き検査をしたら案の定膀胱炎。

しかも、膀胱結石まで。

今のところ小さいので問題ないそうですが、治療となると色々問題が。

手術なんて さい はヤダし、先生もそれは避けると。

石を溶かす薬は、心臓疾患を持ってると好ましくない。

食事療法は塩分が多くなってしまう。

そこで、石を溶かすためにオシッコを酸性に傾けるサプリメントを飲ませることに。

もう、たくさんの病気を持ち、薬も飲んでるので、素人には分かりません。

先生にすべてお任せすることにしました。
(もちろん自分たちでもできる限り知識を取り入れて分からなければ先生に聞き)

b0185323_14515264.jpg
膀胱炎のため抗生物質を飲んでいたら、血尿はでなくなりました。

b0185323_14515512.jpg
膀胱炎のオシッコって、ものすごくクサイっ!

それもしなくなりました。


石も溶かしたり出しちゃったりしたいので、オシッコたくさんさせてます。

b0185323_14545920.jpg

雨の日でもね。















にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
[PR]
by rinwashi8 | 2014-08-14 14:57 | 病院&病気&体のこと

クッシング症候群その後 と ピンクふんどし

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の薬を飲んでいます。

一か月以上経ちますね。

少しの量から始めて、検査をしながら量を調整していく・・・

2週間ほど飲んだあたりで、一度検査するも変わりなし。

量を増やしていって、今は、カプセル1粒になりました。

それまでは粉で分包されていて、ヒトは吸い込んではいけない薬らしく、マスクと手袋着用であげていましたが、

カプセルになったのでだいぶ楽です。

まだ検査はしていませんが、なんだか鈴ちゃんの様子はいい模様。

以前より、ラクに過ごしているような気がします(なんとなく)。

また変わり次第ご報告できれば。



最近の鈴ちゃんは、オシッコのキレが悪く、した後もポタポタ垂らしてしまいます。

そこでコレ。

b0185323_17130455.jpg
以前、生理用に買ったもの。

パットをして、垂れを防ぎます。

ぷぷぷ、ふんどしみたい。


b0185323_17130803.jpg
ピンクのかわいいふんどし姿でした~。

困ったことが増えていくけれど、こうして楽しんじゃえ!










にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村












[PR]
by rinwashi8 | 2014-08-08 17:33 | 病院&病気&体のこと

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)


以前から書いている、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)。

5月下旬に、クッシング症候群と診断されました。

血液検査で分かります。

鈴ちゃんの症状としては、お腹が出る・足の筋肉が衰える・毛が薄くなる、この3つが目立つ症状かな。

副腎から出るホルモンが出過ぎる病気です。
(詳しくはググってくださいね)

先生はこの病気で直接死に至ることはないと言います。

ただ、いろんな合併症がでてくるようになるのかな・・・(糖尿とか)

薬でホルモンの量を調整できるらしいのですが、薬の量が重要なようで。

微量から始めて、2~3週間ごとに検査をしながら量を決めていくそうです。

私たちはその薬を与えるにあたって、とても悩みました。

12歳という高齢、この先その病気を治すのと寿命と、どう違うんだろう。

薬を飲ませたときの副作用の心配、副作用でつらい思いをさせるくらいなら今たいした症状はないのだから

このまま自然にまかせるか。

ただ、たしかに筋肉がみるみる落ちてきて歩きづらそうにはしているし、脂肪がたくさんついているため

呼吸もスムーズではないところをみると、薬に頼り少しでも楽にさせてあげるのがいいのか。

また2~3週間に一度の血液検査が負担にならないか。
(検査は、まず血を採り2時間後に筋肉注射をしてからまた血を採るという3本の注射)

一か月悩んでいたら、9日前突然後ろ足が立たなくなって歩けなくなってしまいました。

下半身を支えてあげると、どうにか歩ける程度です。

少し様子をみて病院にいきました。

結果、原因は分からず、分かったのは左後ろ足がマヒ気味ということです。

b0185323_16265706.jpg
レントゲンを撮ってもヘルニアなどではないようです。
(先生が席を外した間にこっそり撮った 笑)

この一週間の筋肉の落ち方がはげしいので、クッシング症候群の薬を始めることにしました。

飲んで一週間、今のところは特に副作用はないようです。

病院からも様子はどうか電話がかかってきました。
(さいが、細かいことを色々先生に言うからでしょうね 笑)

b0185323_16270015.jpg
そう、病院大好きな鈴ちゃん、病院に着いたとたん、歩いてるしー。

「せ、先生、ホントに歩けなかったんです!」と、なんだか弁明。

今は毎日、マヒしている足をわっしゃん(夫)がマッサージしています。

b0185323_16270291.jpg
薬を飲むことによって、鈴ちゃんが少しでも楽に、穏やかに過ごせたらな・・・それだけです。

また、いい報告ができることを願って、クッシング症候群の簡単なレポートでした。




筋肉がない鈴ちゃん、ツルツルの床ではもうこんなんなっちゃうんです。

b0185323_16270515.jpg
ツルツル大敵、家ではマット敷きまくってます。




後ろ足が立たなくなった次の日の歩いてる様子。

ひょこひょこ歩きですよね。

これでもだいぶ歩けるようになったとこです。



病院に行った帰りの歩いてる様子。

フ、フツーに歩いてる・・・


今は、少しひきずりながら歩いている感じです。

最後まで自力排泄させてあげたいな。

歩けなくなるって、タイヘーン!

家族でがんばるしかないですね。

















にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ありがとう!
[PR]
by rinwashi8 | 2014-06-27 16:47 | 病院&病気&体のこと

高齢犬


鈴ちゃんの老化が急速に進んできている気がします。

老化だけでなく、体の調子も良かったり悪かったり。

b0185323_18234640.jpg
今は、肝臓と心臓の薬を飲んでいます。

そして先月、クッシング症候群という病気が疑われました。

詳しい検査はこれからですが、どんどん病気が増えていく・・・

b0185323_18234995.jpg
クッシング症候群とは、副腎皮質から分泌されるホルモンが過剰に出てしまうという・・・

(詳しいことは、ググってみてくださいね)

また、薬が増えていくかもしれません。

b0185323_18235155.jpg
お腹がポッコリしてしまってるせいか(クッシング症候群の症状)寝ているときの呼吸が苦しそう。

でも、食欲もあるし、まだまだ元気いっぱいなんですけどね。

b0185323_18235390.jpg
(車の中。さいと一緒に寝ちゃいました 笑)

先日、一泊で動物病院に預けたら、ストレスで下痢&血便がでてしまいました。

薬を出してもらい2日ほどで治りましたが、こんなこと初めて。

もう預けることもできないなぁ。

そっか、ずっと一緒にいればいいんだ、と考え方を変えて、これからの鈴ちゃんとの過ごし方も良いものにしていきたいと思います。



顕著に出てきたのが、後ろ足の引きずり。

もう足がしっかり上がらないらしく、足の甲をズッて歩いています。

まだまだがんばって!鈴ちゃん!

b0185323_18235546.jpg













にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ありがとう!
[PR]
by rinwashi8 | 2014-05-02 18:42 | 病院&病気&体のこと

ダイエット


昨年の10月に子宮蓄膿症の手術をしてから、着々と太ってきた鈴ちゃん。

9キロ近くなってきて、これはヤバイということで、ダイエットしてます。

鈴ちゃんの理想体重は8.0キロ。

春からダイエットを始めています。

今までは、ハートケア という心臓病用フードでしたが、

半分をダイエット用のフードにしました。



そしてそして、秘密兵器。
(っつーほどのものでもないけど)

これです。


b0185323_1524327.jpg


ちょっとなんだかスゴい色ですが、獣医の先生に教えていただき作ったもの。


にんじん・ブロッコリー・かぼちゃ

をゆでてミキサーにかけたものです。

それを与えると、ダイエットにもいいし、肝臓にもいいらしい。
(鈴ちゃん、肝臓悪く薬飲んでます)

それを毎食作るとなると大変だし、作りおきも日持ちしないだろうし。

そこで考えたのが、シリコンの製氷皿に入れて、冷凍!

ま、そんなにスバラシイ発案ではありませんが、シリコンだと、一個をペロッって

取り出せて、一食の分量で分けておけるので便利ですよね。

100均で売ってました。



撮影してるとニオイをかぎつけてきたコが。

b0185323_15564539.jpg


鈴ちゃん、このヤサイが大好き!

年取って、こんな大好物に出会えてシアワセもんです。っつーくらい大好きです。


b0185323_15575637.jpg


はやくくれー光線がギラギラ。


b0185323_15585260.jpg


お皿に取り出したら、レンジでチン。

熱くないくらいにチンしたら、どうぞ。

b0185323_15594091.jpg


ペロペロが高速すぎて、ブレブレ・・・

b0185323_1603070.jpg


このヤサイの効果か、ダイエットフードの効果か、

現在8.4キロです。

あと、もうちょい!








にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ありがとう!
[PR]
by rinwashi8 | 2013-10-03 16:04 | 病院&病気&体のこと

結膜炎??

なんだか、鈴ちゃんの目が真っ赤かで、黄色い目やにが出てる。

結膜炎かなぁ・・・

多分、数日前に、テキトーに耳毛をカットしたのがいけなかったらしい。

中途半端に切ったので、ちょうど目の中に毛が入ってしまっていた。

b0185323_14463195.jpg

(この時点ではもう真っ赤っかは治ってきてます)

つねに目の中に毛が入っていたもよう。

そこも切りました。

b0185323_144822.jpg

こりゃもう伸ばせません。

暑くなったら、ぼうずだー。

b0185323_14484725.jpg

毛をカットしたら、病院に行かずに治りました。










にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ありがとう!
[PR]
by rinwashi8 | 2013-05-12 15:17 | 病院&病気&体のこと

手術にあたって


b0185323_16123672.jpg

寝ているところを急に起こしたため、びっくり顔。


ごらんのとおり、鈴ちゃん元気になりました。

手術から1ヶ月、順調です。

エコーで子宮蓄膿症が分かってから手術まで、本当に悩みました。

って、今思えば、選択肢は手術をするという1つしかなかったんですが・・・

ほっとけば、命にかかわることは分かっていたけれど、

どうしても手術=麻酔のリスクを考えてしまうと・・・

でも、先生はとても丁寧に説明してくださいました。

先生のほかに、看護師さん、麻酔の先生も立ち会って手術をする、

麻酔の薬も、昔と比べて、格段によくなっている、

手術の時に使う機械も、何かあればすぐに手術中止を教えてくれる、等々。

今では、先生の言葉を信じて、任せてよかったと思ってます。

だって、とっても元気になったから。

b0185323_16265081.jpg

手術当日、泣きながら病院に預けたことが、とおい昔のよう(笑)。

そんな さい に気を使ってくれた受付のおねえさんが、

鈴ちゃんと見送ってくれました。

当の鈴ちゃんは、お散歩モードで大喜びで、さい なんか目もくれず。

それが救いでしたが。



パピーの頃に、避妊手術をしておけばよかったのかなぁ、と思ったりして悩むけど、

いまさらしょうがないこと。

この先、どれだけ鈴ちゃんが元気で過ごせるかをかんがえよっ。

b0185323_16361525.jpg

っていうくらい元気(笑)。よかったー。

・・・と、手術に関して葛藤した思いぶっちゃけたかったー記事でした。

ありがとうございました。



b0185323_16382223.jpg

ダウンのお布団に沿ってきれいに寝ている姿がいいなぁ。

ダサダサセーターが、はずかしい・・・




にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ありがとう!
[PR]
by rinwashi8 | 2012-11-30 16:42 | 病院&病気&体のこと